Rtweetによるデータ分析の話

※少しずつ更新します。

1.環境設定

(1)Twitter APIよりアプリケーションを作成 ( https://apps.twitter.com/ )

Application Name (任意)
Description (任意)
Website (任意)
Callback URL http://127.0.0.1:1410

(2)rtweetパッケージをインストール

search_tweets("rtweet")
library(rtweet)

(3)Twitter APIの取得

appname <- "(先に設定したApplication Name)"
> key <- "(API Key)"
> secret <- "(API Secret)"
> twitter_token <- create_token(app = appname, consumer_key = key, consumer_secret = secret)

最近の話

  • 去年からお金をもらって「調査・研究」をしている。「調査・研究」といっても、自らの意志で定めたテーマを行うのではなく、委託を受けたものをプロジェクトとして行っている。

 

  • 委託を受けたものだから、相手の顔色を伺わざるを得ない。当初の目的として定められていたものが、政治の力であっという間に無かったことにされる。中身の議論もそこそこに、資料の見た目の話ばかりが行われる(Word/Excel/PowerPointという、デザイン部分で機能性の低いソフトの使用を強いられるにも関わらず、だ)。相手の顔色によって、本質は潰される。本質を議論する時間は、潰される。

 

  • 自らを育む時間は自ずと蝕まれていく。家に帰りご飯を食べると日付が変わる。睡眠負債を返済すると土日が終わる。甘えでしかないと言われれば、それまでだけど。

 

  • 相手の顔色に踊らされる自分、時間のない自分、そして「仕方がないよ」という周囲の囁き。悪夢のスパイラル。苛立ちと焦燥感。何かを成し遂げていく周囲を前に、思わず刺々しさを出してしまう。良いことではない。かつてはできたはずの「反骨心の転換」すら満足に進まない自らに対し、抱く無力感。スパイラルは更に進む。

 

  • 寒々しい冬は、続く。

幸福の科学の新作映画「君のまなざし」を見た話

町中をふと歩いているとこんな広告が目に入ったので早速行ってきた。

※以下ネタバレを多く含みます。

※当方は幸福の科学信者ではありません。中立です。

f:id:zzz_333:20170610222055j:plain

続きを読む

耳下腺腫瘍で手術をした話

先月に手術をしてから早1ヶ月が経ち、そのときの記憶も遥か彼方に行きつつあるが、記録としてやはり残しておこうと思う。

続きを読む

千眼美子『全部、言っちゃうね』を読んだ話

 やはり気になる本だったので、買って読んでみた。

※筆者は幸福の科学信者でも入信予定者でもないため、以下の文章は外部から中立的な視点で(あることを目指して)語っている。

全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~
 

 

続きを読む